中小企業や個人事業主にとって、逆SEOは風評被害に対する対抗手段です。

小規模店舗ほど「逆SEO」が効果を発揮する

小規模で運営されている店舗にこそ「逆SEO」施策が有効的です。

 

SEOとは、Web業界で「検索エンジン最適化」を指す用語であり、Google検索などの検索エンジンで表示される検索結果を上位に持ってくるための施策を指します。

 

一方、逆SEOはSEO施策と逆の効果を持つ施策です。

 

検索結果の順位を意図的下げて、自社のWebページを表示させにくくします。
一見すると何もメリットがないように思えますが、実は特定の状況に陥った小規模店舗が行う施策として有効的なのです。
その状況の代表例を考えていきましょう。

 

小規模店舗に逆SEOが必要なケース

 

口コミで大損害?

 

たった1人の口コミでも売上に大きな影響を及ぼす小規模店舗において、「悪評」がついてしまった場合には逆SEOが有効的です。
特に以下の様なケースでは逆SEOの施策が活躍します。

 

悪質な口コミを書き込まれたとき

ユーザーのブログや掲示板に悪評が書き込まれたとき、逆SEOが効果的です。

 

「何千万円とかけた広告より、友達にオススメされた方が効果が高い」
と言われるように、一般のユーザーの口コミは売上に対して高い効果を示します。
その口コミが悪評だった場合も店舗への影響は大きく、売上の大幅な減少に繋がってしまうケースもあるほどです。

 

残念ながらお客様からの評判を削除する要請は通らない場合が多く、これまでは書かれないことを祈るばかりでした。
しかしここで逆SEOを用いれば、「口コミを削除せずに高評価を目立たせる」ことができるため、小規模店舗にとっては力強い味方となるのです。

 

「ブラック企業」のレッテルが貼られたとき

転職サイトに「ブラック企業」という情報が載ってしまった際にも逆SEOが有効的です。

 

特に「今は解決している労働問題」が槍玉に挙がっているとき、過去の悪評を目立たなくするために効果を示します。
労働時間、給与、休日日数など、改善されているにも関わらずいつまでも過去のイメージが一人歩きするのが労働情報です。

 

既に改善している過去の欠点を削除するまでしなくとも、改善したことを広く伝えることができます。

 

風評被害に悩まされているとき

 

風評被害に頭を悩ませる男性

 

経営する店舗が「風評被害」に悩まされているときにも逆SEOが有効的です。

 

特に飲食店や接客業を営む小規模店舗の場合、少しのすれ違いでお客様に悪い口コミを書かれ、その結果として休業や閉店に追い込まれてしまうケースがあります。
特に新型コロナウイルス感染拡大の世の中において、感染対策1つとっても解釈の違いで炎上してしまうケースも多いのです。

 

もしもお客様への誠意が間違った拡散をされてしまった場合は、逆SEO施策を試してみましょう。

 

専門家との協力関係を

逆SEOは小規模店舗にとってもしもの場合に有効的な施策です。
しかし、自力で行うには少々骨が折れてしまうもの。

 

悪い口コミや風評被害に悩まされたときは専門家に相談し、無理のない対応を模索してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る