ネットの口コミは売上に影響を及ぼすため、逆SEOを活用すべきです。

多くの人が口コミを参考にしている

世の中ではほどんどのユーザーが、ネットショッピングを利用する際に口コミを参考にしています。

 

総務省が発行する「情報通信白書(平成28年度版)」では、20~60歳のインターネットショッピング利用の際における「口コミ」の利用状況の調査が行われました。
結果としては「かなり参考にする」「まあ参考にする」という参考に傾倒したユーザーはどの世代でも60%を越えており、20~40歳のアンケートではおよそ80%のユーザーが口コミを参考にしています。

 

同じく平成28年度には「Amazon」や「楽天」といった通販サイトに書き込まれた口コミが消費者の購買意欲を高めた結果、1兆5,200億円の消費増加が見受けられたほどです。
口コミにおける経済効果は決して軽んじることができません。

 

ネガティブな口コミも重要視されている

 

悪い口コミを書き込もうとするイメージ

 

口コミを参考にする際には、「ネガティブな情報もポジティブな情報も参考にしている」という事実がわかっています。

 

なかには「高い評価の口コミを購買の決め手にしている」という人も多く、逆に口コミでの評価が著しく低い商品の購入は躊躇われてしまう、ということでした。
商品に対する客観的な批判を排除することはオススメしませんが、不当なまでに低評価を下されている場合は口コミに対してアクションを起こさなければいけません。

 

その際に役に立つのが「逆SEO」という手法です。

 

逆SEOとは

「逆SEO」とは、悪口が書き込まれているWebページの検索順位を下げるマーケティング手段です。
企業の悪口が書かれているブログや掲示板を検索結果に表示されにくくすることによって、印象を良くするために使われます。

 

自社商品に事実と異なる不当な低評価を書き込まれた際にも、大きな効果を発揮する施策です。

 

商品レビューは第三者が作ったレビューサイトに書き込まれることが多く、不当な低評価をされていたとしても削除してもらうことが難しいです。
とはいえ、そのまま放置していれば売上に大きな影響を与えてしまいます。

 

そのような際に「健全に商品の美点をアピールする」ために使える方法が逆SEOなのです。

 

実際の対策は専門家に委託する

逆SEOは口コミが影響力をもつ現代に有効的な取り組みですが、企業でリソースを割くのは難しい施策でもあります。
実際に取り入れる場合は、専門家に相談しましょう。

 

逆SEOはWeb業界の得意分野であるため、信頼できるWeb制作会社を見つけた上での逆SEO施策の依頼をオススメします。

 

口コミの重要性を理解する

主にネットショッピングにおいて、口コミは何よりも強力なマーケティング手段です。

 

そのため、不当に低評価されている口コミを放置していては売上に大きな影響を及ぼします。
もしもの際は逆SEO施策を行い、口コミの力をコントロールすることが大切なのではないでしょうか。

ページの先頭へ戻る