逆SEOの平均費用がそこまで割安ではない理由について解説しています。

逆SEOにかかる平均費用は?

 

逆SEOにかかる費用の相場はいくらくらい?

 

逆SEOを請け負っているWeb制作会社が提示する費用の相場は「5万円~」です。

 

しかし一概には費用を決定できません。

 

というのも、対策の作業量によって費用が変動するため、上記のように逆SEOを包括的に行っている場合の相場が全ての事例に当てはまるわけではないのです。
費用を変動させる要因は様々ですが、次にご紹介するような状況において大きな金額の変化が見受けられました。

 

状況に寄って変わる費用の相場

逆SEOの対策が必要な状況に応じて費用は変動します。
会社によってどのような区分で費用が変更するか、という考え方は異なりますが、多くの場合「ネームバリュー」「ボリューム」「被害の度合い」によって費用が決定されていました。

 

ネームバリューによって

逆SEO対策を行うキーワードの有名度合いによって、費用が変わってきます。

 

一番費用が抑えられるのは「個人名」で、およそ「3万円~」でした。
「法人名」の場合、少し費用が高くなり「7万円~」が相場として多く設定されています。
そして商品やサービス名などの認知が高いワードだと10万円を超える場合もありました。

 

ワードのボリュームによって

認知度の他にも「対策するサイトのボリューム」によって費用が異なります。

 

例えば「口コミ」や「ブログのエントリ」や「掲示板」に書き込まれた誹謗中傷に対しては、多くの業者で「3万円~」と設定されています。
包括的な逆SEO対策と比べるとスポットでの運用であるため、費用は抑えられていました。
しかし口コミサイトの有名度合い、ブログの認知度合いなどによって費用が変わるというのが一般的です。

 

被害の度合いによって

逆SEO施策が効きづらい状況では、費用が高くなる傾向にあります。

 

例えば「会社名 ブラック企業」で上位に表示されるサイトの順位を下げることは一筋縄ではいきません。
その他にも「個人が特定できる情報」のように、対策が難しい個人情報の順位変動も困難を極めます。

 

状況が悪いときの逆SEOは費用が高くなると覚悟しておきましょう。

 

逆SEOにお金がかかる理由

 

なぜ逆SEOにお金がかかる?

 

逆SEOの相場は決して低くなく、そのほとんどが「月額料金」で設定されていることをご存じですか?

 

なぜここまで費用がかかるのか。その理由は逆SEOの手法にあります。
現代の逆SEOは「対立する優良サイトを制作する」ことで相対的に順位を低下させるというものです。
つまり「サイトの制作費」「維持し続けるためのメンテナンス費」「サーバーの構築・管理費」など、あらゆる費用がかかります。

 

単純に検索順位を下げるという行為の裏にある膨大な手間暇が、逆SEOの費用の内訳に含まれており、高額な月額料金で設定されている理由になるのです。

 

正確な費用はお問い合わせにて

逆SEOの相場は「月額3万円~」から「月額10万円~」まで、様々です。
実際にかかる費用は状況によって大きく変化するため、施策を依頼する際は、見積もりの請求から始めてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ戻る