逆SEOは謂れのない誹謗中傷からサイトや企業イメージを守るための有効な施策です。

MENU

逆SEOとは

逆SEOという言葉をご存知でしょうか?

 

企業や個人が謂れのない誹謗中傷などからサイトや企業イメージを守るための有効な施策です。

 

ホームページやウェブサイトなどオウンドメディアを持つ企業や個人にとって、SEO対策はとても重要なもので、自身のサイトの検索順位を上げるためにありとあらゆる施策を考えることがあります。

 

サーチ

SEO(サーチ・エンジン・オプティミゼーション)は基本的には、サイトの検索順位を上げることで高い宣伝効果を演出するはたらきがあります。

 

検索順位を上げるためには、非リンク数なども重要になるため、意図的に支援サイトを作ったり、WEB上の関連情報を多く作り上げる必要があります。

 

 

これに対して逆SEOとは、どういった意味でしょうか?

ある程度サイトの認知度が上がりWEB上に情報が氾濫した状態には、必ずしも良い評判や情報だけでなく、誹謗中傷などのネガティブな情報も同時に付与されている場合があります。

 

謂れのない誹謗中傷や企業や個人に対するネガティブな噂など見て欲しくないサイトを削除依頼をすることもできますが、なかなか実現できないことも多いです。

 

逆にそれらのインターネットユーザーに見てほしくないサイトの検索順位を下げて閲覧数を減らすことの方が簡単だということができます。

 

SEO対策は主に自分たちの保有するサイトや運営するサイトの検索順位を上げることが目的ですが、逆SEOは主に他の誰かの作った自分たちのビジネス等に驚異を及ぼすサイトや掲示板、ブログなどの他人のサイトの検索順位を下げることを目的としていることが大きな特徴です。

 

では逆SEOは具体的にどうやって行うのかというと、グーグルなどの検索エンジンのアルゴリズムのペナルティを活用することにあります。
メインサイトに関連性の低いサイトからの非リンクを貼ったり、不自然に膨大な非リンクを貼ったり、コピーページやミラーサイトの公開などは検索順位を下げるための有効な手段です。

逆SEOのメリットとデメリットとは?