株式会社メソッドは、効果的な対策から書き込みを行った人物を特定するところまで追求します。

MENU

株式会社メソッドの風評被害・誹謗中傷対策

 

インターネットサービス会社に求められる新しい風潮として、個人や企業などを脅かす風評被害や誹謗中傷などから顧客を守る風評被害対策事業が挙げられます。

 

「デジタルタトゥー」という言葉を聞くようになって久しいですが、インターネット上に残る個人情報や企業や店舗の営業活動に都合の悪い悪評やいわれのない書き込みは、削除したいと思っても簡単には消すことができません。

 

芸能人のデビュー前の喫煙写真や交際写真などがインターネットに流出してしまうことも少なくありません。

 

インターネットはとても便利で発信力も高いものですが、悪い情報が著しく滞留すると事業に影響を及ぼしたり、顧客の信頼を失わせる原因になることもあります。

 

こういった都合の悪い書き込みを削除したり、風評被害の元凶となっているサイトを逆SEOなどを使って、検索順位を下げるなどのサービスを行う会社があります。(参照;逆SEOとは)

 

それは株式会社メソッドです。

 

株式会社メソッドは、石崎雄一氏を代表取締役とする危機管理対策事業(風評被害対策・誹謗中傷対策)を行っている会社です。その他にもシステム開発を行なったり、リスティング広告事業、SEO対策事業、WEBサイト・ポータルサイト事業などを展開しています。

 

この中でも危機管理対策事業(風評被害対策・誹謗中傷対策)は特に注目されている事業であり、誹謗中傷対策では、警察でも取り合ってくれないような案件を書き込みしている相手のIPアドレスを特定するところまで代行してくれます。

 

また風評被害は、モノやサービスを売りたい企業にとってとても重要な課題となっています。
なぜなら風評被害は、消費者の行動に大きな影響を与えるもので、それさえなければ自社の製品を購入してもらえるのに、「謂れもない悪評がそれを妨げている。」といったことも多いです。

 

逆SEO

 

頭を抱える男性

インターネットユーザーに対して見て欲しくないサイトの検索順位を下げて、閲覧数を少なくすることを逆SEOといいます。

 

メソッドの風評被害対策は、企業の売り上げからブランドイメージ、信用を守るために、逆SEOなどで特定のサイトの検索順位を下げて、ユーザーの目に触れないようにしたり、掲示板やウェブサイトに改善依頼を出すなどして徹底的に対応します。

 

効果的な対策から問題ある書き込みに対してユーザーの目に触れさせないように処置を行うなど様々な対策法を持っています。

なせ風評被害対策に強いのか?

 

 

過去の逮捕歴などがインターネットに載ってしまうことも実例としてあります。

 

過去の逮捕歴がインターネットに掲載されてしまうと、就職や人間関係などに大きな影響を及ぼします。過去の前科は深く猛省する必要がありますが、インターネットで強く強調される必要性はないでしょう。

 

メソッドのもう一つの特徴は、相談は無料でおこなっており、事前に丁寧な対策の提案を聞けるなど高い満足度が得られるという点です。

 

また炎上や風評被害を未然に防ぐことにも尽力するので、重症化する前に対策を講じてくれるところがうれしいところです。大手メディアでも掲載されることが多くなってきており、その高い危機管理対策のノウハウが注目されています。

 

情報社会イメージ

今や誰もがインターネット上に個人情報をばら撒かれたり、謂れのない誹謗中傷の的になるかわからない時代です。

 

企業の活動や個人の尊厳にかかわるような風評被害を受けたなら迷うことなく株式会社メソッドを利用してみましょう。